一般社団法人大阪府内科医会推薦医要綱

第1章  総則

(目的)
第1条  本会は、医学的・医療的な広い見地から、本会会員の資質の向上を図り、より良質な医療を提供するために、一定の基準を充足し、審査に合格した会員を「市民に推薦するに足りる臨床内科医」であると認め、同時にこれを積極的に市民に「広報」することを目的として推薦医制度を設置する。
(名称)
第2条  本会において認定・登録されたものは「一般社団法人大阪府内科医会推薦医」と称する。
(認定)
第3条  推薦医制度運営委員会は資格審査に合格し、所定の認定料を納入したものについて理事会に報告し、理事会はその協議結果を会長に報告する。会長はこれを受けた上で本会推薦医(以下推薦医という)の認定証を交付する。
 2.会長は理事会の議を経て会長推薦による推薦医を置くことができる。
(運営)
第4条  本制度の運営は、推薦医制度運営委員会が、これに当たる。
 2.推薦医制度運営委員会は推薦医制度の円滑な運営に当たるほか、以下の業務を実施して、会長に報告しなければならない。
 (1)認定に関する書式の作成
 (2)新規申請審査
 (3)更新申請審査
 (4)認定医の登録および認定証の交付
 (5)その他、運営に関する諸事項
 
第2章  認定および更新

(受審資格)
第5条  推薦医受審資格は、次の各項を充たすものとする。
 (1)認定申請時に一般社団法人大阪府内科医会の会員であり会費を完納していること。
 (2)内科研修歴3年以上を有していること。
 (3)認定申請時に医師を主業とし、医師会、大学、臨床的研究機関、病院のいずれかに属していること。
 (4)認定までの3年間にA群(基本必須項目)、B群(医療的課題)、C群(医学的課題)のそれぞれに決められた単位数を取得していること。
    単位数に関しては別に定める。
(審査方法)
第6条  審査は、毎年1回行う。会長は申請受付期間と認定審査の期日をその3ヵ月以前に、大阪府内科医会会誌および大阪府内科医会ニュースに告示するものとす     る。     
(認定審査料の交付)
第7条  認定申請者は、所定の推薦医申請書交付料、申請・審査料を納入した上で、認定申請書類等を提出しなければならない。
(認定料等の納付)
第8条  推薦医としての登録および推薦医証の交付を受けようとするものは所定の認定料を納付しなければならない。
(認定期間)
第9条  推薦医の認定期間は認定証発行日より3年間とする。
 2.合格証の授与は原則として推薦医部会において行う。
3.推薦医認定期間内に所属の変更があった場合は速やかに推薦医制度運営委員会に書面をもって報告し、審査を受けなければならない。
 4.大学、臨床的研究機関、病院から開業した場合は、地区医師会に所属し、その旨を推薦医制度運営委員会に書面をもって報告しなければならない。
(資格更新)
第10条  認定医の資格を失効する4ヵ月以前から資格更新審査の申請受付を開始する。 
      会長は申請受付期間と認定審査の期日をその3ヵ月以前に、大阪府内科医会会誌と大阪府内科医会ニュースに告示するものとする。
2.推薦医資格更新の条件は、次の各項を充たすものとする。
 (1)前回に資格を取得した後、3年間、継続して会費を完納していること。
 (2)この3年間に推薦医部会に1回以上、出席しなければならない。これは必須条件とする。
(3)この3年間にA群(基本必須項目)、B群(医療的課題)、C群(医学的課題)のそれぞれに決められた単位数を取得していること。
    単位数に関しては別に定める。
 3.資格更新時に必要単位数が不足するなど、上記の更新条件を満たさない場合は1年間を猶予し、この間に履修した単位を加算できる。なお、評価単位が基準に達した場合は、次年度の更新審査において審査を行う。ただし新しい推薦証発効までの期間は推薦医を呼称することはできない。また、次の推薦医更新までの期間は、認定時から3年間でなく、本来の推薦医認定期間とする。
 4.病気による長期療養、出産・育児、介護、長期海外出張等により認定更新期間中の更新ができない場合は、その旨を記した文書を添えて、推薦医制度運営委員会に保留期間の延長を申請することができる。
(資格更新料等の納付)
第11条  資格更新に当たっては申請時に所定の申請書交付料、申請・審査料を納付し、申請書類等を提出しなければならない。
 2.推薦医証の交付を受けようとするものは所定の認定料を納付しなければならない。
 3.再交付を受けようとするものはこれに準ずる。
(審査料、認定料および資格更新料等)
第12条  認定に関する審査料、認定料および資格更新料等は別に定める。
 2.いったん納入された審査料、認定料および資格更新料等は、これを返還しない。
(資格喪失)
第13条  推薦医は、次の事由によりその資格を失う。
 (1)推薦医の資格を辞退したとき
 (2)会員の資格を喪失したとき
 (3)資格更新の意志がないものと見なされたとき
(資格取消)
第14条 認定期間内に所属の変更等の報告がされなかった場合、または変更が妥当とみなされない場合等は、会長は、推薦医制度運営委員会の議を経て、推薦医の資格を停止、あるいは取り消すことができる。
2.会長は、推薦医として相応しくない行為のあったものに対し、推薦医制度運営委員会の議を経て、推薦医の資格を取り消すことができる。
 
第3章  本要綱の変更・改廃

(本要綱の変更・改廃)
第15条  本要綱の変更並びに改廃は理事会の議を経て、総会で決定する。
第4章  雑 則
(評価単位、認定料などに関して)
第16条  A群、B群、C群の項目および評価単位数あるいは認定料等に関しては細則でこれを定める。
 2.細則は推薦医制度運営委員会の議を経て理事会に報告され承認された後、会長に報   告し、交付されるものとする。
 
付則

1.本要綱は、平成19年2月17日から施行する
       平成19年10月6日から一部改正
       平成21年4月25日から一部改正 
2.本制度の運営に関する事務局は下記のとおりである。

  「一般社団法人大阪府内科医会推薦医制度管理事務局」
〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町2−1−20 6階
TEL 06−6191−5335  FAX 06−6191−5337