大阪生活習慣病予防ネットワーク“市販後調査”
赤穂化成「天海の水」解析進む 他地区でも追随の流れが


 4月からいよいよ特定健診・特定保健指導が開始された。これはメタボリックシンドローム対策であり、一次予防をより積極的に行っていこうというものである。しかし大阪府内科医会は2年も前から一次予防の必要性に着目し、実地医科自身が生活習慣改善の必要性を市民に啓発し、疾患予備軍の人に対してより早期に通院を促し、適切な療養指導を行うことが大切としてきた。

 一般社会ではサプリメントや健康食品への依存度がますます高まりを見せているが、イメージだけの広告や過度なマスコミ報道によって、正しい知識が阻害されている傾向が強い。大阪府内科医会が一昨年の「女性と医師が語り合う会」において行ったでのアンケート調査では「6割強の人がサプリメントや健康食品を利用している、そして9割近くの人がサプリメントや健康食品を使用していることを主治医には話していない」という結果となり、医師は医薬品以外は否定するのではないかという思いが強く市民の中にあることが分かった。そういう風潮であるからこそ、医師自身がもっとサプリメントや健康食品に目を向け、本当に安全なのか、有用なのかを検証し、社会に情報発信していくことが必要があると考えた。

 そのような考えに基づき、平成18年4月に(財)住友病院病院長の松澤佑次先生を顧問にお迎えし、大阪府内科医会が中心となって生活習慣病の各分野の専門家、栄養士・看護士・薬剤師などを構成員として大阪生活習慣病ネットワークを立ち上げ、生活習慣病予防に取り組む地域ネットワークづくりを開始した。

 具体的活動の一つとして、生活習慣病予防を目的とした機能性食品に関する臨床研究が挙げられていたが、今までに5つの商品に関してアンケート調査やモニター調査を行ってきた。

 先生方のご協力により、すべてにおいて調査目標数をクリアし、順調に推移し、調査結果も興味深いものとなっている。調査結果は依頼各企業に報告するだけでなく、調査に参加していただいた先生方にもお知らせし、さらに学会発表や論文投稿を行っている。臨床内科医が食品に目を向けた全国初の事業として、さまざまな方面から注目され、評価されている。

 「グリナ」の調査結果は日本臨床内科医学会および日本臨床内科医会会誌平成19年第5号(3月10日発刊)に掲載された。モニター調査のみを行った「プログラミール」は第1報を糖尿病専門家向けのプラクティスに投稿予定であり、同時に第2報も作成中である。「ラブレ」は日本病態栄養学会において発表し、さらに同会誌に掲載される。「ダノンビオ」は報告書もできあがり、「薬理と治療」に投稿準備中である。昨年秋から調査開始した「天海の水」も予想以上の好結果が予測され、現在、解析が進んでいる。

 現在は調査に参加した先生のみに結果をお知らせいているが、会員の皆様全員に「安全で有効性の高いサプリメント」に関しては認知していただきたいと考え、何らかの形で結果を公表すできる方向を模索・検討中である。

 このような動きを受けて、他の地区でも食品に目を向ける動きが出てきている。順天堂大学大学院の河盛隆造教授が理事長となって中間法人日本病態情報医学会も発足した。6月12日に千葉県のホテルニューオータニ幕張において、学術講演会「患者さんにとっての予防医療を考える、保健機能食品やサプリメント等のエビデンス構築とその活用法(Preliminary )」が開催されるが、先駆者である大阪府内科医会を代表して、福田正博会長が招聘講演を行うこととなっている。この要旨はまた、次号、お伝えする。 

  現在 新商品として2点を実施中
 現在、審査会・理事会で承認され、調査が実施されているものは2点ある。一つはアサヒフードアンドヘルスケア株式会社の「紅麹Dr」である。今回は高コレステロール血症および高LDLコレステロール血症に対する有効性および安全性を調査するモニター調査である(総コレステロール値が200〜240mg/dlの範囲またはLDLコレステロール値が120〜160mg/dlの範囲)。「紅麹Dr」はその名からも分かるように米を紅麹菌発酵し得られた紅麹を乾燥粉末化したものである。天然スタチン(モナコリンK=ロバスタチンを含んでいることから、今回の調査となった。総コレステロール値などに制限があり、調査食品の摂取前と摂取後に簡単ではあるが検査が必要であるなど、若干、対象者は絞られるとは思うが、大規模なアンケート調査ではなく結果を得るためのモニター調査であることをご理解いただきたい。 もう一点は全薬販売株式会社の「『養生』食品コラーゲンハイグレード」である。グルコサミンやコンドロイチン、メチルスルフォニルメタン、コラーゲンを配合したもので、膝関節にこわばりや痛み、違和感があり、変形性膝関節症が疑われる方に対しての有効性および安全性を調査するもので、アンケート調査、モニター調査の両方が実施される。アンケート調査は3ヵ月にわたる長期のものである。

 今まで、調査に協力した会員からは、患者に喜ばれると同時に、コミュニケーションが深まったとの意見が多く寄せられている。ぜひ、今まで参加していなかった先生方の参加をお待ちしている。

「『養生』食品コラーゲンハイグレード」のセミナー開催

 「紅麹Dr」はモニター調査のみで募集件数も少ないためセミナーは開催しませんが、「『養生』食品コラーゲンハイグレード」に関しては下記の要領でセミナーを開催します。希望者は下記までFAXにてお申し込みください。


5月19日(月)5月20日(火)いずれも大阪府医師会館 14:00〜
5月27日(火)じばしん南   14:00〜