定例講演会 5月17日(土)に開催
 決算と事業報告が行われる定例講演会が5月17日(土)にザ・リッツ・カールトン大阪で開催される。この日は平成19年度の決算報告および事業報告が行われる。
 記念講演会は興和創薬株式会社のスポンサーのもと、「生活習慣病におけるスタチンの今後の展望〜日本人のエビデンス〜」をテーマに行われる。
 一人でも多くの会員の参加を希望する次第である。

日 時  平成20年5月17日(土)14:00〜17:30
場 所  ザ・リッツ・カールトン大阪
            2階「ザ・グランド・ボールルーム」

一般演題   
座長 大阪府内科医会 副会長  福田 正博
  演者T 「冠動脈インターべーション後の血液流動性とピタバスタチンによる改善効果」
       よこかわクリニック 院長   横川 晃治 先生
  演者U 「ピタバスタチンの抗炎症作用」
       北野病院 糖尿病・内分泌センター
                 部長   越山 裕行 先生
    演者V  「ピタバスタチンとアディポネクチン」
       市立岸和田市民病院 血液内科
                 部長   野村 昌作 先生
特別講演 
座長 大阪掖済会病院 病院長  吉川 純一 先生 
   「生活習慣病における脂質低下療法の意義」
       演者   山口大学大学院医学研究科 器官病態内科学
                                     教授   松ア 益徳 先生 
パネルディスカッション
 テーマ「生活習慣病におけるスタチンの使い分け」
    座 長   大阪掖済会病院 病院長  吉川 純一 先生
            大阪府内科医会 副会長  福田 正博
パネリスト
     山口大学大学院医学研究科 器官病態内科学
       教授   松ア 益徳 先生
    関西医科大学附属枚方病院 循環器内科
      教授   神畠 宏  先生
    大阪市立総合医療センター 循環器内科
      部長   伊藤 彰  先生
    関西労災病院 内科部長   池田 雅彦 先生
    大阪府内科医会 副会長   外山 学