大阪府内科医会 速報

日本臨床内科医会研修指定医の名称変更と制度の変更
3月31日をもって日本臨床内科医会研修指定医制度は
「認定医制度」となりました。                                   
この制度は、将来、専門医制度に発展する可能性が考えられます。
@現在、研修指定医の資格を持っている会員
  は全員更新申請料を払い所定の手続きをしてください。
  現在、更新申請書式の交付は終了し、申請を受付中です。
  申請締切は7月4日ですから、十分に注意してください。
 
A認定医資格を現在持っていない会員
 平成18年度の新規申請は時期を繰り上げて行われます。
  4月25日号日臨内ニュースに申請手順等は告示されましたが
  特別措置として今回に限り「会員歴3年以上」のシバリがありません。
  必須条件・単位ともに今からでも十分にクリアできます。
  認定医資格をとる大チャンスです。

必須(日臨内主催の総会または医学会への参加)2件以上
コンベンションビデオを学習することでクリアできます。
4月25日号日臨内ニュースにコンベンションビデオの申込ハガキが同封されています。それを用いて、「第19回・20回総会合併号」を申し込み、学習することで必須の出席件数がクリアされ、さらに20単位取得できます。申込ハガキがお手元にない方は大阪府内科医会事務局まで。
総単数 50単位
今回から日医生涯教育講座が単位として復活されました。1年間上限10単位ですから、過去3年間の日本医師会生涯教育修了証をお持ちならば、30単位取得可能であり、上記の必須取得時の20単位と合わせると50単位となります。修了証を紛失場合は自己申告で認められます。また、この単位がない場合は「1問題で10単位取得できる」問題集が発行されていますので、この件に関しては、4月25日号日臨内ニュースをご覧ください。 

B過去に認定医を取得していたが、更新せずに失効した会員
   大阪府内科医会会長の推薦によって復活できます。
    この復活を希望される場合は、 
    ご自身からの申し入れによってのみ可能ですから
   大阪府内科医会にお問い合せください。
 
法人化に伴い、会員の皆様のメリットの充実を考え
「地域住民が信頼してかかれる医師」の目安になるよう
“推薦制度”の設立を予定しています。
この認定制度は実のある、患者さんの目に触れる、患者
さんの心に響く形態にと考えています。 
正式な設立は秋ごろの予定です。認定条件の詳細は現在
検討中ですが、日本臨床内科医会の認定医であることが
基本条件
となります。
 
 
市民向け健康情報誌「きらら」発刊 

 季刊(年4回) 今回もプレゼント企画あり
         市民の皆さまにたいへん喜ばれています
先生の診療所でも、ぜひ患者さんにおすすめください

「内科医がつくる健康情報誌」と銘打ったA4版、16ページ、フルカラーのフリーペーパー情報誌です。
配布の基盤は皆さまの診療所内となります。もっと多く欲しいという方には希望数、お送りします。大阪府内科医会事務局までご連絡ください。


 発行日 平成18年6月5日
 発行所 中間法人 大阪府内科医会
 発行人 会 長  山家 健一
 制 作 株式会社 ヘルス通信社