管理栄養士派遣プロジェクト
パイロットスタディ参加者 募集中

 昨年度、会員の皆様の協力によって行われた「診療所における糖尿病療養指導の実態調査アンケート」の結果がまとまった。それによると、糖尿病診療を自己評価すると、経口薬治療や合併症の管理に関しては満足しているが、インスリン治療は苦手であり、運動や食事などの療養指導は満足度が低いとの結果が出た。86%の施設が院内で食事指導をしているというものの、実態は医師自身が行い、時間も5分以下が半数以上、口頭やパンフレットを渡すという簡単なものが70%以上であった。
 動脈硬化性疾患が急増し、その予防が社会的にクローズアッでされてきている現在、糖尿病などの生活習慣病の療養指導に関して、われわれ実地医家が前面に立って活躍していく必要が大きくなってきている。にもかかわらず診療所における療養指導は必ずしも十分とはいえないという残念な結果が明らかとなった。
 大阪府内科医会としても、会員の活動をサポートできないかと考え、管理栄養士派遣プロジェクトを開始することとした。大阪府全域にわたってパイロットスタディを開始し、実地医家のニーズに合った形を構築したいと考えている。糖尿病の療養指導に力を入れていきたいと考える会員は、ぜひ、プロジェクトにご参加ください。
 
  ※パイロットスタディ参加希望者はニュースに同封 されている「パイロットスタディ参加申込書」に必要事項を書き込み、大阪府内科医会事務局へFAXしてください。
FAX番号 06−6191−5337
 

                パイロットスタディ参加申込書

診療所においての糖尿病の患者さんの療養指導をサポートすることを目的としています。
詳しくは大阪府内科医会ニュース56号6ページを参照してください。

地区医師会名
医療機関名
住 所  (〒 )
最寄りの交通機関
連絡担当者
※まず担当栄養士が貴院に連絡の上、訪問日や指導方法に
 ついて相談します
希望される連絡方法
  (下記から選び、番号、アドレスなどを 記載してください)
□電話(  都合のよい時間: 時頃)
□FAX( )
□電子メール( )
訪問希望日・時間など ( 曜日    時頃)

───────────────────────────── 
指導に関しての希望をお聞きします
         (おおよその見当でけっこうです)
1回の指導患者希望数( 人)
栄養指導実施希望曜日( )
指導回数(     回/月・週)