市民医学講座のご案内

第6回 女性と医師が語り合う会
 平成17年2月26日に開催
希望する低カロリー食のお弁当の試食も


 「医者は患者のことを思い、痛みも苦しみも分かち合いたい、患者さんと目線を同じくして語り合いたい」。こんな思いを込めて毎年開催してきた“市民講座 女性と医師が語り合う会”も6回目を迎えることとなった。
 2月26日(土)11時より大阪産業創造館で開催される。
 講演は河合皮膚科医院 河合公子院長の「お肌の若さを保つために」と、大阪府内科医会 福田正博理事の「若さの秘訣はカルシウム?−老いは骨から始まる−骨粗末しょう症の話」の2題が、また健康問題・医療問題について参加者と一緒に考えるパネルディスカッションも用意されている。
 体力測定コーナーや病気・健康・栄養の相談コーナーも例年どおり行われるが、今年の特徴は、昼食時に、管理栄養士による食事内容の説明後、実際に650カロリー食、550カロリー食のうち、希望のカロリー食のお弁当を試食していただくことである。
 近々、ポスターと参加希望のハガキを送付する予定である。多くの府民に催しを知っていただくためにご協力をお願いしたい。